株式会社エス・アイ・エス 03-5823-7771
ご相談受付時間:平日10:00~17:00

デジタルスキル標準とは

デジタルスキル標準の構成と活用イメージについて
急速なデジタル化、スキルギャップの拡大、労働市場の変化、教育とトレーニングの不足、競争力の低下といった課題が存在するなか、日本企業のDXは遅れており、その原因のひとつとしてDX人材の不足が挙げられています。

このような状況を受け、経済産業省とIPAは、企業のDX推進や個人のスキルアップ、社会全体のデジタルスキル向上の学びの指針として、デジタルスキル標準を策定しました。

デジタルスキル標準の重要性
デジタルスキル標準は、現代のビジネス環境においてますます重要になっています。その理由を以下に詳しく説明します。

1. デジタルリテラシーの向上

デジタルスキル標準は、従業員が必要なデジタルスキルを明確にし、それらを習得するための指針を提供します。これにより、全ての従業員が基礎的なデジタルリテラシーを持つことができ、業務の効率化や生産性の向上につながります。

2. 競争力の強化

企業がデジタルスキル標準を導入することで、デジタル技術に精通した人材を育成でき、企業全体の競争力が強化されます。デジタルスキルを持つ従業員は、最新の技術やツールを効果的に活用し、競争力のある製品やサービスを提供することができます 。

3. 迅速な技術変化への対応

デジタル技術は急速に進化しており、企業は常に最新の技術に対応する必要があります。デジタルスキル標準を設定することで、従業員が継続的に学び、最新のデジタルスキルを習得するためのフレームワークを提供します。これにより、企業は技術の変化に迅速に対応し、市場の変化に適応できます 。

4. 業務効率の向上

デジタルスキル標準は、特定の業務に必要なスキルセットを明確にすることで、従業員が適切なスキルを持って業務に取り組むことができるようにします。これにより、業務の効率が向上し、エラーの減少や生産性の向上が期待できます 。

5. 人材育成とキャリア開発の支援

デジタルスキル標準は、従業員のキャリア開発を支援するための明確な指針を提供します。従業員は、自分のキャリアパスに沿ったスキルを計画的に習得することができ、長期的な成長を実現するための基盤となります 。

6. 組織の一貫性と透明性の確保

デジタルスキル標準は、企業全体で一貫したスキル評価基準を提供し、公正かつ透明な評価を実現します。これにより、全ての従業員が同じ基準で評価されるため、組織内の公平性が保たれ、従業員の信頼が向上します 。

デジタルスキル標準の構成

デジタルスキル標準は「DXリテラシー標準」と「DX推進スキル標準」の2つの標準で構成されます。
「DXリテラシー標準」はすべてのビジネスパーソンに向けた指針及びそれに応じた学習項目例を定義し、「DX推進スキル標準」はDXを推進する人材の役割(ロール)及び必要なスキルを定義しています。

出典:デジタルスキル標準 ver.1.1<改定後全体版>デジタルスキル標準の概要

デジタルスキル標準

DXリテラシー標準

DXに関するリテラシーとして身につけるべき知識の学習の指針
個人が自身の行動を振り返るための指針かつ、組織・企業が構成員に
求める意識・姿勢・行動を検討する指針。
ビジネスパーソン一人ひとりがDXに関するリテラシーを身につけることで、DXを自分事ととらえ、変革に向けて行動できるようになる。

DX推進スキル標準

DX推進に必要な人材類型(ビジネスアーキテクト/デザイナー/データサイエンティスト/ソフトウェアエンジニア/サイバーセキュリティ)について類型ごとに、ロール及び必要なスキルを定義している。
DXを推進する人材の役割や習得すべき知識・スキルを示し、それらを育成の仕組みに結び付けることで、リスキリングの促進、実践的な学びの場の創出、能力・スキルの見える化を実現する。

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

デジタルスキル標準で対象とする人材

デジタルスキル標準で対象とする人材は、デジタル技術を活用して競争力を向上させる企業等に所属する人材を想定している。
 このうち、「DXリテラシー標準」は全てのビジネスパーソンを対象としており、「DX推進スキル標準」は企業・組織において専門性を持ってDXの取組みを推進する人材(DXを推進する人材)を対象としている。

出典:デジタルスキル標準 ver.1.1<改定後全体版>デジタルスキル標準の概要

デジタルスキル標準の汎用性

デジタルスキル標準で扱う知識やスキルは、共通的な指標として転用がしやすく、かつ内容理解において特定の産業や職種に関する知識を問わないことを狙い、可能な限り汎用性を持たせた表現としている。
そのため、個々の企業・組織への適用にあたっては、各企業・組織の属する産業や自らの事業の方向性に合わせることが求められる。

出典:デジタルスキル標準 ver.1.1<改定後全体版>デジタルスキル標準の概要

デジタルスキル標準の活用イメージ

デジタルスキル標準で扱う知識やスキルは、共通的な指標として転用がしやすく、かつ内容理解において特定の産業や職種に関する知識を問わないことを狙い、可能な限り汎用性を持たせた表現としている。
そのため、個々の企業・組織への適用にあたっては、各企業・組織の属する産業や自らの事業の方向性に合わせることが求められる。

出典:デジタルスキル標準 ver.1.1<改定後全体版>デジタルスキル標準の概要

デジタルスキル標準の活用効果

  • 企業が求めるDX人材の像を明確にすることで、採用活動や社内人材育成を効率的に進めることができます。
  • 標準に基づいたスキルを持つ人材を育成・確保することで、DXを推進するための体制を強化することができます。
  • データ分析や情報活用スキルが向上することで、意思決定の迅速化や新たなビジネスチャンスの創出に繋げることができます。
  • DXを推進することで、企業の競争力強化に繋げることができます。
  • 市場変化への迅速な対応が可能となり、新たなビジネスチャンスを創出することができます。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
活用事例

デジタルスキル標準の詳細

デジタルスキル標準の詳細は経済産業省のHPでご確認いただけます。
デジタルスキル標準は、日本のデジタル化を推進する上で重要な役割を果たしていくことが期待されています。

活用事例

デジタルスキル標準の活用ツール

SISJIN(エスアイエス・ジン)は、強力なスキル管理機能を持つタレントマネジメントシステムです。IT人材のスキルや能力を「デジタルスキル標準」に基づいた評価項目の設定を行い、人材のデジタルスキルのレベルアップを図るための目標や計画を策定することができます。