株式会社エス・アイ・エス 03-5823-7771
ご相談受付時間:平日10:00~17:00

リスキリングの重要性と人的資本経営の関係

企業の競争力を維持し、成長を促進するために不可欠
リスキリング(Reskilling)とは、従業員が技術革新やビジネスモデルの変化に対応するために、新たなスキルを習得し、職務や業務に適応するための再教育を指します。

一方、人的資本経営とは、従業員を「資本」と捉え、人材育成や組織開発を通して、個々の能力やポテンシャルを最大限に引き出し、企業全体の成長につなげる経営手法です。

人的資本経営において、リスキリングは企業の競争力の強化につなげるための必須の施策となっています。

リスキリングの重要性

ポイント.1
技術革新への対応
AIや自動化などの技術革新により、多くの職務が変化しています。従業員がこれらの変化に対応するためには、新しいスキルが必要となってきています。
ポイント.2
市場競争力の維持
企業が市場競争力を維持するために、継続的なリスキリングが不可欠となっています。技術の進化、顧客ニーズの変化、そしてグローバル化が進む中で、従業員が最新のスキルを持ち続けることが企業の成功に直結します。
ポイント.3
従業員のキャリア成長
リスキリングにより、従業員は新たなキャリア機会を得ることができ、企業に対する忠誠心や満足度も向上し、組織全体の活性化を図ることができます。
Step.1
見出し
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

人的資本経営におけるリスキリングの重要性

ポイント.1
個々の能力やポテンシャルの最大化
従業員のキャリアパスや目標に合わせて、必要なスキルや知識を習得できる環境を提供することで、個々の能力やポテンシャルを最大限に引き出すことができます。
ポイント.2
組織全体の活性化
従業員が新しいスキルを習得することで、モチベーション向上やエンゲージメント向上につながり、組織全体の活性化を図ることができます。
ポイント.3
イノベーション創出
異なる分野の知識やスキルを持つ人材が協働することで、新たなアイデアやイノベーションを生み出すことができます。
ポイント.4
人材不足の解消
人口減少や高齢化社会の進展による人材不足を補うために、既存社員のスキルアップを図ることができます。
ポイント.5
企業競争力の強化
変化に迅速に対応できる人材を育成することで、企業競争力の強化につながります。
Step.1
見出し
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

まとめ

人的資本経営とリスキリングは、企業の持続可能な成長と発展を支える二つの重要な柱です。企業は、これらの施策を有機的に連携させ、従業員の成長と企業の成長を両立させていくことが求められます。
活用事例

リスキリングを効率的に実施

SISJIN(エスアイエス・ジン)は、強力なスキル管理機能を持つタレントマネジメントシステムです。従業員の能力を一元管理することで、人材能力の可視化を行い、リスキリングを効率的に実施することを支援します。